森2.jpg

​ JUNICHI Art Tour

JUNICHI壁画作品がパブリックで楽しめる場所をご紹介。

地図2.jpg

②二匹の龍

壁画のあるビル(正式名称:おおきに老松町通りビル)の1Fにある黒い通路、通称:龍の穴(僕が命名)に二匹の龍を描きました。

 

全長30mの水の龍と太陽の龍は、この暗い龍の穴で苔玉(地球)を守っています。

所在地・大阪市北区西天満4-11-8,おおきに老松通りビル1F

​日曜日休日で通路はクローズとなります。

IMG_5529.JPG

​④Spirit of Plants

空間が静かに癒されるように

大阪おおきに本社ビル9F・オフィスの会議室に

作品「植物の精霊・Spirit of Plants」を描きました。

所在地・大阪中央区瓦町4-4-7,おおきに本社ビル9F

当日会議室が見学可能か本社受付にお問い合わせ必要。

DSC00593.jpeg

​⑥森とともに

小豆島の醤の郷現代美術館にshape of lifeシリーズの新作「森とともに」が完成した。一般公開は2021年9月。

 

作品コンセプトは生命あるものは全て植物に生かされ、ともに生きているということ。天井に届きそうな高さ3mの美しい女神は植物とともに生きていて、太陽の明かりを感じる窓の方を向いています。

 

しかし完成した壁画にはサインが入っていません。「描いた植物の成長をこのまま終えてしまったら僕が栄えていくのを

終わらせてしまうことになるから。」そう言ってJUNICHIは意味深に笑った。

 

小豆島アートプロジェクトは10年かけて森とともに成長していく予定です。訪れるたびに森が進化していく過程もお楽しみください。タイミングが合えば制作中のJUNICHIに遭遇できるかも?

所在地・香川県小豆島郡小豆島馬木36-2

醤の郷現代美術館休館日を除く

_DSC0811 のコピー.jpg

​⑧神鹿

壁画ではないのですが奈良県宇陀市室生にある棚田の宿「ささゆり庵」の床の間にJUNICHI作品が飾られている。この作品は和紙に描かれていていて宇陀川、大峰山へと続く山並み、枯山水の庭に隠れている三匹の龍にちなみ鹿の背景にも龍が描かれています。

 

棚田の宿からすぐのところに千年の歴史がある室生龍穴神社があり龍神伝説が有名。神秘のレイラインの上に建っている美しい古民家「ささゆり庵」。空港からヘリコプターで移動して宿のヘリポートへ直行できるので海外セレブにも古都の隠れ宿として人気の日本文化体験型の静かなお宿です。

​所在地・奈良県宇陀市室生深野656

※宿泊者のみ作品お楽しみいただけます。

神鹿.jpg

​①苔玉

2017年の春、ある建築家が大阪のビル再生プロジェクトの指揮をとることになりました。まだまだ使える丈夫な昭和のビルにリノベーションを施して、そのビルに新しいアートという命を吹き込むプロジェクト。建築家は大阪の新しいランドマークを創るアーティストを探していました。ある朝、NHKのニュースのオープニングで流れていたアニメ作品を目にしてJUNICHIに出会いました。

 

2017年5月、JUNICHIにメールが届き1年後には作品「苔玉」が高さ30mの壁画になりました。大阪の街に緑をふやしたくて、選んだ作品は壁画専門職人さんの手を借りてJUNICHIと3人がかりで手描き制作行程20日あまり。老松町通りに、2018年大阪にアートなランドマークビルが誕生しました。

​所在地・大阪市北区西天満4-11-8,おおきに老松通りビル北壁

​一年中、終日見学可能。

IMG_E5570.JPG

③Deer's Forest

大阪、西天満の苔玉ビルに続き、アートで緑をふやす新プロジェクトがスタートしました。今回は大阪中央区瓦町おおきに本社ビル10Fの屋上ガーデン入り口の壁に夏の森と、秋の森「命の森-Forest of life-」を描いています。

 

特別に白い壁から制作していただいたフロアの着彩作業は2019年11/11にスタート、エネルギー色あふれだす命の森が完成しました。

​所在地・大阪市中央区瓦町4-4-7,おおきに本社ビル10F

平日10:30-15:30、屋上ガーデン開放。

おおきにの森7color7メール.jpg

​⑤Big Heart

壁画の第5作目は、URからのご依頼でマンモス団地にアートを楽しめる場所を増やしたいということだった。

 

制作場所になる2200世帯の千島団地を訪れてみると緑の小山があったり、やたらと広い不思議空間に驚かされる

 

大正区は難波や天王寺に近くて南港の中間あたりにある団地の周りには、なぜか椰子の木がたくさん植えてあって遮るものもなく青い空に向かって気持ちよく伸びていた。

 

築年数は古いけれど、平成生まれの僕には巨大で無機質な外観とレトロなムードがカッコよく思えた

 

たくさんの人が暮らす団地の12階、屋上ガーデンの入り口に何を描こう?無機質な防火扉の前で静かに目を閉じるとたくさんの命の鼓動が聴こえたような気がした。イメージは植物のようにこれからも育っていく「Big Heart」が浮かんだ。

​所在地・大阪市大正区千島団地内12F(集会所扉)

​※団地にお住まいの方に配慮してご見学ください

IMG_8661.jpeg

​⑦石榴

​小豆島醤の郷現代美術館の壁画「森とともに」の正面に美しい石榴の樹が描かれています。

 

硬い殻の中に美しい生命がたくさん詰まった石榴の中をイメージしてみる。やがてこの石榴から伸びた枝葉は正面に描かれた作品と繋がっていくように、空間全体を覆うような森へと10年かけて成長していく。完成は未定。

所在地・香川県小豆島郡小豆島馬木36-2

醤の郷現代美術館休館日を除く

小豆島壁面B.jpg

​「世界にアートな緑をふやすプロジェクト」

木を植えれないなら、僕は木を描こう。
森が破壊されたら
、僕は森を描こう。
​植物のことを忘れないように、僕はアートの種を撒こう。