1/2

NY ARTWORKS

 

成長とともに進化し続けてきた線が2013年、まるで別の生き物のようにJUNICHIの手をかりて自由に増殖を始めた。9月東京下北沢smart shipギャラリーの個展「with loves,」では、これまでずっとテーマとして描いてきた天使の姿が消えた。しかし代わりに、エネルギーあふれる花たちが登場してきた。

 

 

The line that is created by artist hand changes recently. In 2013, Junichi's line evolves. Junichi always drew an angel, but in Tokyo exhibition, he doesn't creat them. Junichi starts drawing energetic natures.

NYであいの記憶 「 絵を描く人」とよばれて。

 

2013年4月にNYを訪れ帰国してから、出会った人たちを描きたくなった。子どもの頃から何度も訪れた街だけど、5年ぶりのNYは楽しくてようやく自分の足で歩いている気がした。人と出会って自分が本当は何者なのか、気がつくことがある。毎日どこかで絵を描いていたせいで、ホテルで知り合った老婦人から「絵を描く人」と呼ばれるようになった。僕の絵が欲しいと言われ、飲んでいたスタバの紙コップに描くと喜んでもらってくれた。そんないくつかの出会いが僕にエネルギーをくれた。6月になって秋の個展の準備が始まり、作品に集中しようともがいていたら不思議にNYの記憶がより鮮明になってきて「であいの記憶」を絵に刻もうと決めた。

 

 

 

After I back from NY, I want to draw people who I met in NY. They usually greet with me in NY.It's been 5 years since last NY. I visited NY many times, but I don't get tired of walking NY. While staying, I draw, draw and draw. One day, a old-lady call me "draw-man". They wanted my works, so I present Starbucks coffee cup with my design. They looks so happy. I was glad to see their reaction.I create art works about NY and people who I met in NY.