マラソンの女神 2018

2018大阪国際女子マラソン、マラソンの女神のテーマは"自分らしく輝いて"。エリートアスリートたちが走る大阪国際女子マラソンは、2年後に開催される2020年のオリンピックも視野に入れて厳しい戦いが始まっています。人生で東京オリンピックと重なる時期に、トップアスリートとして活躍できる人間は限られています。2018マラソンの女神は2020年東京オリンピックの舞台を夢見ているアスリートたちが、自分らしく輝くことを願って鮮やかな虹色の翼を描きました。今年も素晴らしい活躍を期待したい。この作品はアスリートたちの大会記念グッズに採用されました。

マラソンの女神 2015

気がついた人もいるかも知れないけれど、2017の女神は2015の女神が成長し、進化した姿を描いています。2年後、練習を積み重ねたらどうなるのか?今作品を見直すと走ることが好きで、炎のようにふつふつと大阪国際女子マラソンの一位を夢見ていた女神の顔はどこか幼い。世界で勝つために厳しい2年の練習で迷いをそぎ落とし、今回の女神はもっと上をリアルに目指しているように思える。太陽フレアのごとく悔しさをエネルギーに変えてマラソンの女神はこれから、どんな表情に進化していくのだろうか?

I love marathon♥︎

 

2001年大阪国際女子マラソンで絵を描くチャンスをもらった。その後、東ドイツに行く機会があって、ベルリンマラソンのコースを歩いてみた。スタートとゴール地点にブランデンブルグ門があって、見上げると門の上には女神像が立っていた。ゴールするアスリートたちの目には、きっとこの女神が飛び込んでくる!そんな気がした。何も言わず送りだしてくれてゴールまで見守ってくれる「マラソンの女神」をいつか自分も描きたいと思った。

 

2004年からTV放送の枠を超えて大会公式ポスターの制作を依頼され、2017年の現在も僕の描いたマラソンの女神は進化しながらアスリートたちの素晴らしい走りを見守っている。気がつくと大阪国際女子マラソンといえば、JUNICHIの「マラソンの女神」と言われるようになってきた。

 

 

I got a chance to creat the poster of OSAKA international women's marathon in 2001. I went to Germany, and I walked the Berlin's marathon course. I saw a Goddes statue on the Brandenburg gate. When an athlete reach the  goal, they see her. I wanted to draw such a Goddes statue of marathon.I've been ordered to create a poster of Osaka ladies marathon since 2004. Goddess of marathon watches over athletes.

スライドショーは両サイドもしくは下のドットをクリック。画像上でクリックしていただくと大きな画面でご覧になれます。