お手数ですが、他のblogをお読みになりたい方はもう一度 blogをクリックください

冬の森

紅葉狩りのつもりで

森に出掛けた。


午後3時、標高930mにある

兵庫県峰山高原の森は

すっかり冬景色で誰もいない。


落ち葉が大地を埋め尽くし

森の栄養になろうとしている。


循環する自然の一部になって

大地から空を仰いだ。


目に映る毛細血管のような木の枝が

繊細で本当に美しかった。


身体の中にも美しい冬の森がある。

大地の上で、そんなイメージが広がった。

誰もいない森に来れてよかった。



I went to forest to hunt autumn leaves.

I was in Mineyama-mountain at 3 o'clock.

a lot of fallen leaves become forest nutrition.

I looked up the sky lying on the ground.

a tree branches are beautiful.

there is a beautiful winter forest in a body.

I feel so.