お手数ですが、他のblogをお読みになりたい方はもう一度Event blogをクリックください

20年前の手

2000年の春、

東京渋谷パルコのロゴスギャラリーで

マガジンハウス出版から初作品集を出版し

同時に東京個展を開催して画家デビューした。

僕はその時10歳で

いつも絵ばかり描いていて

残念なことに

その時の詳細な記憶は

本当に曖昧で、よく覚えていない。

だけど某TV局が取材に入ってくれていて

その時の貴重なVTRが残っていた。

スタッフが仕事に必要だからと

過去のVTRを検索していて

カメラの前で真剣に絵を描いている

20年前の映像を見つけた。

その当時、現場につきそってくれてた母曰く、

大勢のTVカメラやTVスタッフの前で

僕がドローイングを描いたのはそれが初めてで

子どもが本当に描いているのか?

のシビアな証明だったと思う、と話していた。

ガラス張りのTV局の通路で

巨大な東京の街を描いた記憶はある。

だけど何のためにその場所で描くことになったのか、

僕は覚えていなかった。

VTRを見ると

小さな僕が一生懸命絵を描いていた。

TV局の方が、動画で残してくれていて嬉しかった。

Photo・写真はVTRから切り取った20年前の手だ。迷いなくしっかり描いていた。



I made my book of painting and opened exhibition at Tokyo. I debuted as artist in spring, 2000.

I was ten years old. but I don't remember well.

at that time, TV interviewed me, so I have a VTR.

I was drawing Tokyo town in society. there are a lot of TV crew. I have to testify that I draw truly.

I drew as hard as I can.

Photo is my hand.