復興を願って。

May 27, 2016

27日(金)から中津カンテで九州復興支援アートバザール「animart」が開催されている。震災で傷ついた九州のために何かをしたいと立ち上がった総勢80名の国内外で活躍するアーティストが作品を提供、バザールでアート作品を購入いただくと売上全てを赤十字に寄付する予定です。

 

JUNICHIの84歳になる祖母は熊本、今は亡き祖父も佐賀の出身で彼のルーツの半分は九州にある。子どものころ阿蘇高原でキャンプして遊んでいたJUNICHI。大好きな九州の1日も早い復興を願って「ribon」という作品をanimartに提供させてもらった。ribon=reborn、散ってしまっても春にはやがて新芽を出して鮮やかに生まれ変わる植物をイメージして描いた作品だ。JUNICHIは「ribon」作品1点、その他に関西では買えない、大人の塗り絵、トートバッグも数点、協力提供させていただいた。

 

九州のために何かしたい人&アートに興味のある方は是非この機会に中津カンテを訪れて欲しい。九州復興支援アートバザール「animart」5/27(fri)-6/8(wed)まで。6/5(sun)にはミュージシャン(多数参加)による投げ銭チャリティーライブも開催されます。入場は無料♪

 

from 27th Fri, supporting Kyushu art bazaar "animart" is opened at Kante in Nakatsu, Osaka. 80 artists join it to support Kyushu. they offer their works and when the work is sold, the sales are contributed to the Red Cross. Junichi offers  his work "ribon" to animart. ribon means reborn. he wishes Kyusyu revival. if you want to support for Kyushu, please visit Kante. this event opens 5/27 to 6/8. and charity live is held at 6/5.

ribon/2013

 

 

 

 

Please reload