11.jpg
Recent Posts

西宮で NY.

​​ 阪急西宮ガーデンズ、阪急西宮百貨店2FアートギャラリーにてJUNICHI個展”with loves"を開催。大好きなNYを描いた作品を西宮で初公開。西宮での大きなJUNICHI個展は初めて。期間:11月4日(水)ー11月24日(火)を開催します。11月9日(月)は西宮阪急百貨店2Fトップステージにてワークショップを開催します。参加詳細はこれから。 ​ about "with loves" JUNICHIは小学2年から西宮に住んでいる。NYに行った6歳の春、「自由の女神」にインスパイアされて絵を描き始めた。絵を描くときに大事にしていることは?と聞かれると「ちゃんと対象物を見ること」と子どもの頃から口にしてきた。思春期に何度もNYを訪れて一度は日本を離れてボストンに住んだけど、絵を描くことに専念するために西宮に戻った。NYは刺激をもらう場所と言い切る。刺激も大事な栄養だけど、もらってばかりじゃ消化できずに腐ってしまう。なので一旦距離を置き消化するために、住み慣れた西宮を選んだ。何処かに行って刺激をもらい静かな西宮で作品制作をする、そんなスタイルを今は大事にしている。 NYと西宮。JUNICHIにとっては第2の故郷のようなNYと西宮の関係は重要である。POPな文化があふれる関西には昔、京都奈良の伝統文化、大阪の芸能文化、神戸の西洋文化がライフスタイルに強く影響を与えた阪神間モダニズム文化圏が存在した。西宮はそんな近代芸術、文化が生まれた育った阪神間モダニズム文化圏の中心にある。素晴らしい先人たちが創ってきた街に育ち、平成生まれのアーティストJUNICHIのアイデンティティは形成

プレミアロードショー

10月10日(sat)11日(sun)と中津カンテグランデで映像写真クリエイター、糸川燿史の新作ショートムービー「レモンセッケン#16」がプレミア公開された。写真はムービー公開後に開催されたトークショーの光景。左から主演俳優のshiro、ゲストのミュージシャン金森幸介、ハッピーミュージシャン嘉門達夫、映像監督の糸川燿史。オーディエンスは20代〜80代まで様々で、ジェネレーションギャップを超えた楽しい時間を過ごした。SHIROが表現者として世界で活躍する日も近い。JUNICHIは映像音楽を制作担当した.

Archive
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square